■平成30年2月18日(日)in 小学生職業体験事業〜ワラッシ!出張版〜

 今回は、青森市教育委員会主催の青森市内の小学校4〜6年生に様々なお仕事のそれぞれの本質を楽しく体験しながら知ってもらおう、というイベントに参加しました!!
 サポーター隊は特別養護老人ホームおきだて苑の上野聡さん、サンアップルホームデイサービスセンターの石郷岡美奈さん、訪問介護事業所ハッピーIWAKIの燻R恭平さんの3人です。
 私たちは、プチ職業体験コーナーの一つ「介護の仕事」を担当させていただきました。こちらのコーナーは事前お申込みや年齢制限もないため、どんな子が来るの?何をどのように伝えればいいの?と、不安はありましたが、まずは楽しもうと覚悟を決めていざ出陣!車いす体験からの介護の仕事のレクチャーへと一連のプログラムを考えておりましたが、予定通りにはまったくいかず…。そこで、思いやりを形にするワークとして準備していた「うちわ作り」にしぼり、カタイ話はなしで、まずは子ども達に介護の仕事をしている人と触れ合ってもらおうと、一緒に作業することを楽しむことにしました。
 ですが、多くを言わずともワークのねらいどおり、子ども達はそれぞれ誰かを想いアイデアをどんどん形にしていくのです。相手の好きな色を使う子、相手の喜びそうなデザインを考える子、子どもの発想はこちらの想像をはるかに超え、驚くばかりでした。
 ちょっと方向転換はしましたが、サポーター隊が子ども達に寄り添いじっくりと関わったことで必要なところでサポートしてもらえた嬉しさや、ワークを通じて介護の仕事の一つ「相手を思いやる心をカタチにしていく」プロセスを感じてくれたのではないかと思います。そして、子どもの発想力、気づき力、素直な感性をうらやましいと思ったのと同時に私自身が思い出すことができた貴重な時間でした…♪

0218


■平成30年2月14日(水)in 八戸市立南浜中学校

 今回は、八戸の種差海岸に近い南浜中学校の2年生保護者参観日にお邪魔しました!
初の中学校訪問であり、しかも親御さんも一緒にということでワクワク感と緊張感がどんどん上昇↑。サポーター隊は特別養護老人ホーム福寿草インスプリングの佐藤琢磨さん、佐藤佑斗さん、特別養護老人ホーム瑞光園短期入所の犹守和幸さん、特別養護老人ホームほっとハウスの小山内良さん、特別養護老人ホーム寿楽荘の松村乃望さんの5名です。
 生徒さんと親御さんには体験前と体験後の「介護の仕事に対するイメージ」をアンケートでお聞きしました。体験前には「大変そう」「難しそう」「関心がなかった」と漠然としたマイナスイメージでしたが、体験後には「大変だけどやりがいがある」「達成感がある」「介護の仕事をやってみたい」など語尾にも変化があり、体験したことで理解を深め興味をもっていただくことができたのではないかなと思います。まずは知っていただくこと、そこから道は開けるのだと改めて感じました…♪

0214


■平成30年2月2日(金)in 就職支援セミナー(for 高校2年生)

 今回は、ジョブカフェあおもり&青森公共職業安定所主催の高校2年生を対象とした就職支援セミナーでサポーター隊の特別養護老人ホーム正寿園 杉山 宙さんがお話させていただきました。これをきっかけに将来の職業の選択肢の一つとして介護の仕事も考えてみようかなと思ってくれれば万々歳ではありますが、まずは伝える機会をいただけたことと熱心に聴いていただけたことが嬉しく、ありがとうございました…♪

0129


■平成30年1月29日(月)in 東奥学園高等学校

 今回は、東奥学園高等学校 福祉課の皆さんへ、サポーター隊の特別養護老人ホーム正寿園 杉山 宙 さんがお話させていただきました。プレゼンの後、生徒さんとの介護技術の面や利用者さんとのコミュニケーションなどについての質疑応答や、実習で大変だったことや学んだことのお話など、生徒さん方の生の声も聞くことができました。様々な介護の仕事や職場に関する不安がありました。
私たちのお話が少しでも不安解消のお役にたてたら嬉しいです…♪

0129